クーポン広告について

◆クーポン付き折込広告の取り扱いについて
 新聞公正取引委員会で定めていた「新聞のクーポン付き広告に関する規定」が2002年4月に撤廃されました。これによってクーポン広告が大幅に自由化されました。


 クーポン付き広告として掲載されるクーポン券には、割引券、見本等請求券、資料請求券の三種類があります。これら以外の、どの商品にも共通して使える"金券"や懸賞応募券、抽せん券、福引券等はクーポン券ではありませんので従来どおり取り扱うことはできません。