暮らしの中に新聞を「東郷堂」TOGODO

新聞活用法

東郷堂 取締役常務 鈴木 永

書くこと、話すことが苦手な方こそ 読んで伸ばそう、'文章力'と'雑談力'

東郷堂 取締役常務
鈴木 永

書くことは得意ですか?

書くことが仕事ではなくても、FacebookにTwitter、ブログなどの登場で、個人が頻繁に発信できる時代です。うまい文章を書くのは難しい...と苦労している方は大勢いらっしゃるでしょう。
コンパクトに文章をまとめるには、簡潔に書かれているものを読み慣れるのが一番。大学受験や就活に「天声人語」が役立つという話はよく聞きますが、社会人にも効き目あり、と私は思っています。
端的にまとめられたものを読み続けることで、どんな材料を、どう揃え、どう構成すればいいかわかってきますから、書くことが苦手な人こそ「天声人語(朝日)」「斜面(信毎)」「余録(毎日)」「春秋(日経)」などを読み、自分なりに内容を把握する練習を繰り返せばいいと思います。私も日々実践していますよ、Facebookで「いいね」を押してもらいたいですからね(笑)

大人の雑談力、ありますか?

人が知らないことを知っている人、たくさんの引き出しを持つ人は魅力的です。
どんな人が相手でも、さりげない会話ができる「雑談力」を持つ大人は素敵です。
知ること、話すことに、新聞が役立つことはたくさんあります。もちろんネットも情報源になりますが、誰もが気軽に読める分、誰もが知っている内容になりがちです。
新聞の場合、時間がなくても見出しを読めば、その日のニュースの大枠は把握でき、どんなことが話題になっても一通りの対応はできます。ページをめくることで、興味がない話題も拾うことができるのは新聞の特長です。新聞を10分読むと、30分の雑談ネタが得られます。
そもそも、「日経」を持っているとモテそうじゃない? ...なんて、いい大人になっても思っているんですけど、ダメですか?(笑)

きっかけは何でもいいと思います。書くこと、話すことが苦手な方にこそ、新聞という素材の力を再認識していただきたいです。

PAGE TOP