暮らしの中に新聞を「東郷堂」TOGODO

新着情報

妊活カフェ

東郷堂mama's新聞、第3号が11月27日に折込されましたが、ご覧いただきましたでしょうか?

妊活事情ページでも告知させていただきましたが、NPO法人Fine認定「不妊ピア・カウンセラー」の春木レラさんをお迎えし、妊活中のママを対象とした、妊活カフェを開催します。

二人目不妊ならではの悩みを話したり、情報交換したりできる場です。

(一人目不妊の方も、お子さん連れの方がいても気にならければ、ご参加ください)

1部はおしゃべり会、2部では一緒にランチをしながら交流します。

日時:2017年1月16日(月) 10:30~13:00

  1部 10:30~12:00 おしゃべり会(お子さん連れの方は

                     託児をご利用ください)

  2部 12:00~13:00 ランチ懇親会(お子さんの分はご持参ください)

場所:東郷堂 2階会議室(上田市材木町2丁目12番6号) 駐車場有り

参加費:1500円(お弁当、お茶菓子代込)

託児:有りますが、事前にお申し込み下さい

定員:6名

申込: メール mama@togodo.co.jp

         妊活カフェ参加希望、氏名、託児の有無、

   託児有りの場合はお子さまの年齢(月齢)・名前・性別をお知らせ下さい。

主催:東郷堂mama's新聞

企画・運営:夫婦の妊活をサポートするlovebirds

来る11月12日(土)、第3回東郷堂文化講演会を開催致します。
今回のテーマは「特集記事」。
一般の記事では追えないものを記者やライターを起用して世の中の変化を追いかけることがあります。
今回はアエラが特集をした、「老後を生きる場」を取り上げて特集記事について考えてみたいと思います。

●第一講演
ノンフィクション作家の古川雅子氏には
都市を「老後を生きる場」に変えていくの取材から見えてきたこと
(アエラ、特集記事より)
●第二講演
ノンフィクション作家の山岡淳一郎氏には
長生きしても報われない社会 在宅医療・介護の真実
についてお話して頂きます。

上田信用金庫本店ホールにて
開演13時00分 終了16時30分
受付は12時30分~です。

みなさまのお越しを心からお待ちしております。

お申込は、お電話で承ります。
フリーダイヤル 0120-24-7205
代表 24-7200

文化講演会.jpg

ともしびの里駅伝2016

去る10月23日(日)、ともしびの里駅伝が開催されました。
今年も弊社からは、★東郷堂A★と☆東郷堂B☆の2チームがエントリーしました。
秋晴れとまではいきませんでしたが、例年より朝の気温も高く、走るには最高な気候。
武石の山々も赤く色づきはじめ、景色を楽しみながら大自然の中を走る!走る!走る!
普段から走っている者、この駅伝のために練習をはじめた者もいました。
結果はどうであれ?けが人もなく、両チーム、最後までタスキを繋ぐことができました。
今年はお揃いのユニフォームを作りました。
来年もそのユニフォームを着て、みんな元気に参加出きますように!

一区スタート.jpg

藤澤岬_1.jpg

白鳥さん_1.jpg

周一さん_1.jpg

中澤牧夫①_1.jpg

集合写真.jpg

去る8月6日(土)、今年も上田映劇にて、夏休み家族映画会を開催しました。

信州上田は朝からうだるような暑さで、それでも開場30分前から並んで待つお客さまもいらっしゃいました。

昨年とは少し趣向を変えて、家族で楽しむ「無声映画」と「落語」を企画しました。

音声のない映画に、スクリーンの横で登場人物の声から物語りのナレーション迄を一人でしゃべる職業を活動写真弁士(活弁士)と言います。今回は活弁士の坂本頼光さんをお招きして、6作品活弁して頂きました。

お孫さんといらしている方もいて、懐かしく楽しんでいる様子でした。

無声映画の活弁にチャレンジ!ということで、『日の丸太郎・武者修行の巻』という作品に挑戦してくれた小学生2年生の女の子。場内は拍手の渦でした!

坂本頼光さん①.jpg活弁士に挑戦.jpg

落語は、上田出身の落語家で、立川談慶師匠をお招きして、子どもにも解りやすい落語をして頂きました。

早口言葉、あるいは言葉遊びとして知られる古典的な噺で「寿限無」に挑戦した小学5年の男の子。

寿限無が完璧だったはもちろんですが、将来はお笑い芸人かお坊さんになりたいそうで、大きな拍手が巻き起こっていまいした。

立川談慶①.jpg茨木くん.jpg

本当にとても暑い一日でしたが、たくさんのお客様に足を運んで頂き、心から感謝申し上げます。

無声映画も落語も楽しんで頂けたら幸いです。

また来年も宜しくお願い致します。ありがとうございました。

去る7月16日に第2回東郷堂文化講演会を開催いたしました。

100名を越える皆さんが長い講演時間にもかかわらず、熱心に聴講して頂きました。

暑い中お越し下さりありがとうございました。

今回は「調査報道」に重点をおいて原発・電力をついて2名の講師の方のお話を頂きました。

第1講演は朝日新聞社社会部編集委員市田隆氏には、「原発利権報道の裏側」と題して2014年 に連載した。

「原発利権を追う」の取材や記事についてお話を頂きました。

関心のある方は「原発利権を追う・電力をめぐるカネと権力の構造を」が朝日新聞出版から出版され ています。

市田さん講演.jpg市田さん質疑応答.jpg

 第2講演はノンフィクション作家山岡淳一郎氏「日本電力戦争・・東芝の闇をめぐって」と題して

I「東芝不正会計事件を包む闇-ウェスチングハウス買収の背景」

Ⅱ福島第一原発事故後、政府内の原発推進VS脱原発の攻防-日本電力戦争

Ⅲ原発とプルトニウム~保守政治家の本音

の三つについて1時間30分お話を頂きました。

山岡さん講演.jpg山岡さん質疑応答.jpg

公演後の質疑の時間にも、聴講の皆さんから質問が寄せられました。

PAGE TOP